FC2ブログ
このブログについて 索引記事のINDEX(カテゴリ別) (市町村別) (時系列) マンホール蓋・県別INDEX (ジャンル別)
マンホ蓋・サブジャンル索引 「石仏や庚申塔など」の索引 「神社仏閣や遺跡など」の索引 通過したかもしれない道路元標

izukyu04
高根町、稲荷大明神の青面金剛650 yahoo版の庚申塔ブログの記事リンクを自分のブログに張っている皆様へ…ブログサービスが2019年12月中旬に終了し記事
が表示されないため、同内容の移行先のブログ「
館林市周辺の庚申塔めぐり」の同タイトル記事URLへ差し替えをお願いします。
(使い勝手の都合によりgooブログにしたため、トラックバックは使えないのであしからず)

2013年8月31日、いずみ緑道と東武鉄道西小泉駅(群馬県)

注:東武小泉線西小泉駅は、2017年度に駅舎の改築を行いました。

今回は、2013年8月末に訪問した当時の西小泉駅いずみ緑道、周辺のマンホール蓋類の写真などの紹介です。

 泉橋前の青面金剛像と道祖神碑など

コンビニへ入る前に偶然目に入った庚申塔の覆い屋、アイスを食べながら青面金剛像庚申塔を撮影しました。
oizm_ryokudo201308_01
7月26日に常光寺の前から、国道354号線(旧道)の泉橋近くへ移転し、祭事を行った旨の木札が柱についていました。

庚申塔については、こちらのブログ記事を参照

 大泉町役場と中央公園

この日初訪問となった大泉町役場、やっぱり需要があるのか、問い合わせても寺院仏閣のパンフレットはない(配布終了?)ようです。
oizm_ryokudo201308_02

隣の大泉中央公園では、水不足が深刻でもなかったので、滝に水が流れていました。
oizm_ryokudo201308_03

 いずみ緑道

いずみ緑道は、東武小泉線西小泉駅から続いていた廃止路線仙石河岸線の跡地の一部を緑道として整備したところだそう。

緑道沿いには、様々な彫刻作品が置かれていました。
oizm_ryokudo201308_04

写真右上の作品、某テレビ局の社名ロゴになんとな~く似てませんか?
oizm_ryokudo201308_05
夾竹桃の花も撮ったけど、樹全体は撮影せず。

oizm_ryokudo201308_06
街灯の看板に付いていたゆるキャラ?も気になったけど、PC上で色々変形(写真左下)しても、モチーフがはっきりしませんでした。

 東武小泉線西小泉駅

改築前なので、落書きが映り込んでたら、目をつぶってください。
(隅々まで確認したら、問題の壁は写ってなかったらしい?)
oizm_ryokudo201308_07

下水道敷設時の勘違いからか、東京旧都章のコンクリ蓋3枚が越境蓋に。
oizm_ryokudo201308_08

駅前通りの街灯(写真左)の方が、何となくオシャレ。
oizm_ryokudo201308_09

いずみ緑道近くの広場の花壇、裸体の彫刻、小さい花のひまわり
oizm_ryokudo201308_10

manho_line

散策のついでに撮影したマンホール蓋など。
oizm_ryokudo201308_11
スポンサーサイト



テーマ:鉄道駅舎 - ジャンル:写真

2017年5月17日、JR埼京線与野本町駅周辺のバラなど(さいたま市)

索引記事へ戻る

庚申塚バス停(前回の記事)からバスで大宮駅へ戻り、埼京線で与野本町駅に行きました。
歩き疲れたので、学生さんや会社員ですし詰めの大崎行きに乗らず、当駅始発で少し足を休めてからの散策でした。
駅の前に防火水(槽)そうの標識があったけど、真下の歩道をトリミング&変形したが、何の蓋だか分からず…汗
01与野本町駅周辺のバラ(連結その1)
別の花名所で家族が購入した「さいたまの花巡り」(埼玉新聞社発行)の冊子を持ってきたけど、迷ったときの参考に現地の地図もパチリ。
さいたま市のマスコットキャラ・つなが竜ヌゥがかぶっている帽子に「中央(chuo)」とさりげなく区の名称が書かれているのを見ると、東北本線と埼京線に4つも「与野」と付く駅があるのに旧市名の「与野」を区の名称として採用されなかったことは、残念よの~
(最近話題の漫画『跳んでサイタマ』だったら、蹴飛ばされるかもしれない少数派だし、私くらいかな?)
よく見たら、さいたま新都心駅で帰る少し前に訪問した上落合地蔵堂が地図上に乗ってない…。
(自分で印刷した地図を参考にして訪問したけどね)

駅の西口沿いに咲くバラ
02与野本町駅周辺のバラ(連結その2)

03与野本町駅周辺のバラ(連結その3)
他の写真にも写っていますが、「芸術劇場のある街」という旗が目立ちますね。

葉っぱのライン素材

04与野本町駅周辺のバラ(連結その4)
与野本町駅西口の交差点にあった旧与野市のデザインマンホール蓋カラー版単色版ですが、市の花がで…あれ?桜もバラ科だったよね?

さいたま芸術劇場方面の道沿いにも、バラ
05与野本町駅周辺のバラ(連結その5)

中学校の前に著名人の手形があったけど、個別に撮影しなかったので、字が読めたのは手前の4人だけ…私の世代なら、大竹しのぶさんくらいは分かるはず。
06与野本町駅周辺のバラ(連結その6)
庚申社の前にあった旧与野市章の汚水蓋。(規格蓋)

葉っぱのライン素材

東武伊勢崎線&JR東北本線久喜駅(埼玉県久喜市)

JR東北本線(湘南新宿ライン他)大宮駅地蔵堂など(さいたま市大宮区)

東武野田線(アーバンパークライン)北大宮駅四恩寺多子稲荷神社(さいたま市大宮区)

氷川参道から庚申塚バス停まで歩く(さいたま市見沼区他)

tohokuline201705

oomiyaeki201705

テーマ:鉄道駅舎 - ジャンル:写真

2017年5月17日、氷川参道から庚申塚バス停まで歩く(さいたま市)

索引記事へ戻る

東武野田線(アーバンパークライン)北大宮駅近くの四恩寺多子稲荷神社を参拝後、大宮駅前の通りから氷川参道を南へ歩きました。

訪問する前にさいたま市発行のバス路線ガイド(PDF文書版)をダウンロードして確認したら、私が地図を印刷した石仏スポットの散策ルートとバス路線のコースがかみ合わない…結局、この地点まで2km近く歩いてしまいました。

延々と氷川参道を歩いていると、さいたま市のマスコットキャラ・つなが竜ヌゥがデザインされた自転車とすれ違ったり、おしゃれなカフェを通り過ぎたり、自宅から水筒(スポーツドリンク)を持ってきたので、立ち寄れない…。
01氷川参道(連結その1)
氷川参道の脇に青面金剛像が祀られた庚申神社がありました。
(庚申塔については、こちらのブログ記事を参照)

雨が降りそうで降らない薄暗い曇りの日だったので、どうしても参道の並木がぶれてしまう…。
02氷川参道(連結その2)

消防署前にある盆栽のカラー蓋が気になっていたので、氷川参道からそれて撮影。
一回り小さい直径45cm?のデザインハンドホール蓋もありました。
03さいたま市大宮区浅間町周辺のデザイン蓋
さいたま市章入りデザイン蓋のハンドホールは、直径30cmくらいかな?

manho_line

前述のバス路線ガイドで気になっていた庚申前バス停に来ると、向かい側に庚申塔がありました。
04大宮区天沼町2丁目、庚申前バス停の庚申塔(連結)
隣の観音前バス停も気になったけど、気になる石造物&寺院は見当たらず…。
(庚申塔についてはこちらのブログ記事も参照)

石仏スポットの散策ルートとバス路線のコースがかみ合わないので、延々と県道214号線(ただし、バスルートでは一度県道と違う道を通っている)まで東方向に歩いていると…

日大前バス停の前に、三面馬頭観音像がありました。
05日大前バス停の馬頭観音(連結)
こちらのブログ記事も参照)

その後、庚申塚バス停まで歩いたが、薬師堂の入口が見つからなくて、午後4時前の大宮駅東口行きのバスで戻ってしまいました…リベンジしたいけど、先立つものが~。
06見沼区御蔵、庚申塚バス停
見沼区御蔵の薬師堂入口でストビを確認してみたら、2017年冬時点の画像では軽トラックが置かれていて2基の石造物の右が見えなかったが、やはり停留所名が示すとおりの庚申塔(青面金剛像)と庚申塚公園があるそうです。

参照↓
薬師堂(御蔵地区)1707年の庚申塔 ( 宗教 ) - あゆみの出逢い旅
(移行先に記事が確認できるまで、文字のみ残します)
見沼区南中丸・南中野の石仏 私家版 さいたまの石仏-楽天ブログ

izukyu04

バスで大宮駅へ戻る前に気になったもの…

覆い屋付きの雷電宮の石祠2つ?
07さいたま市見沼区御蔵の雷電宮(連結)

富山県南砺市出身の医師がいたら…と期待してしまう南斗クリニック
08さいたま市見沼区御蔵の気になる木祠(連結)
単なる氏神様でしょうか、木祠

大宮駅に戻ったあとは、埼京線で与野本町に向かいました。
(続く)

jinja_line

東武伊勢崎線&JR東北本線久喜駅(埼玉県久喜市)

JR東北本線(湘南新宿ライン他)大宮駅地蔵堂など(さいたま市大宮区)

東武野田線(アーバンパークライン)北大宮駅四恩寺多子稲荷神社(さいたま市大宮区)

tohokuline201705

oomiyaeki201705

テーマ:仏像、石像 - ジャンル:写真

2015年1月27日、羽生市北2丁目・大天白神社

この日は、例の神社ブログと『(初期)関東の青面金剛リスト』で気になっていた大天白神社を参拝しました。

家族の車を止めてもらい、気になったのは市のマスコットキャラの1つ「むじなもん」が入った住居表示板や、羽生市章入り消火栓(こちらは2014年6月?あたりに助手席から国道122号線歩道にある同じ蓋を強引に撮影したことがある)と二重丸タイプのソフト制水弁を撮影。
01大天白神社(連結その1)

jinja_line

大天白公園藤棚入口にある一の鳥居torii16
(藤の見頃は4月下旬からですが、花を見に行ったのは同年5月だったので、その記事もアップ予定)
02大天白神社(その3)

藤棚の近くには、2種類の羽生市章入り汚水桝がありました。
03大天白神社(連結その2)
由緒書き昭和55年(1980年、庚申!)に設置されたものの割には、あまり劣化していないけど、白紙で覆われた部分って何だろう…。

拝殿前の二の鳥居torii16、絵馬は子育て祈願(安産も?)の神社なので、赤ん坊を抱く日本髪の母親の絵でした。
04大天白神社(連結その3)
あ、狛犬と拝殿を単体で撮影してない…汗

本殿脇にあるのは、「堀田相模宮」と書かれた石祠解説版
05大天白神社(連結その4)
えっ、文中に「佐倉藩の飛び領」って書いてあるよ?

izukyu04

本殿裏には、稲荷宮八幡宮と書かれた石祠や、石仏が並ぶ場所があり…
06大天白神社(連結その5)
3つの石造物の一番奥が青面金剛像のようです。
手前は、お顔の部分が破損していますが、如意輪観音像

さらに近づいてみたけど、建立年が読めそうで読めません…汗
07大天白神社の青面金剛(その4)
(庚申塔については、こちらのブログ記事を参照)

jinja_line

公園内には、濃いピンクの椿(サザンカ?)もありました。
08大天白神社(連結その6)

この後、正光寺とその周辺を散策しました。

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

2015年1月9日、目黒区下目黒の瀧泉寺など

今までの記事↓
神田明神(東京都千代田区外神田2丁目)
聖橋から御茶ノ水駅を望む
↑2018年7月24日放送の「東京サイト」(関東地区・テレビ朝日)で、同地点が「河川のフォトスポット」として紹介され、都電の未乗区間も紹介されていたような…。
鬼子母神(豊島区雑司ヶ谷)
豊島区巣鴨・猿田彦庚申堂から高岩寺

寺院のライン素材

目黒区下目黒の行人坂大円寺を訪問後、首都高の新路線建設で歩道橋が一時的に撤去された(2015年当時)ことが原因で、うっかり品川区の境まで行きすぎたりして、やっと目黒不動尊(瀧泉寺)に到着したのは日没間近でした。

道に迷う仲、電柱の広告で目立っていた五百羅漢寺には、五百羅漢像の拝観入口に青面金剛像があるが、この日は寄らず。
01五百羅漢寺の青面金剛(色鉛筆画)連結
こちらのブログ記事も参照)
しかも、すぐ隣の店舗入口に二宮金次郎像があったとは…。

izukyu04

大きな楼門が見えれば、目黒不動尊(瀧泉寺)に到着。
日没間近で急いでいたのか、楼門隣の解説板を単体で撮影しなかった…。
PC上で横ピクセル引き延ばしなどの加工をしたが、文章は読めず…汗
02目黒不動尊(連結その1)
楼門前には、稲荷神社比翼塚

水かけ不動尊の後ろにある独鈷の瀧の周りには、三猿庚申塔青面金剛像不動明王石像が置かれていましたが、『[初期]関東の青面金剛リスト』(Excel形式)の東京都の項目には「青面金剛像は6基」と書いてあるけど、私が撮影した写真中には4基?残り2基はどこなんだろう?

『ブラタモリ』目黒編(2016年12月17日放送)で、タモリさんが独鈷の瀧前の水かけ不動尊に水をかけているシーンでも、やっぱり三猿庚申塔青面金剛像、小さめの不動明王石像が映り込んでいました。
#57 東京・目黒 ~目黒は江戸のリゾート!?~ タモリのブラブラ足跡マップ-route2 ブラタモリ-NHK
(リンク消失のため、文字のみ残しておきます)
03目黒不動尊(連結その2)

石垣の上にあった不動明王(三猿庚申塔の左)の部分を拡大してみたけど、青矢印の部分は何の石造物だろう?庚申塔(青面金剛像)である確率も微妙だけど…。
目黒不動尊の青面金剛(その1)0拡大

真冬日だったせいか、薄暗いので何度撮影してもブレてる…汗
04目黒不動尊(連結その3)
写真右下の青丸で囲った部分が青面金剛像
こちらのブログ記事も参照)

寺院のライン素材

本堂に参拝してから…
05目黒不動尊(連結その4)
本堂裏手の石仏などを撮影。
赤いのぼりがかかっていて見づらいかもしれないが、地蔵坐像も。

おいもさんフェア」と書いてあるのは、江戸にサツマイモを伝えた青木昆陽先生の墓所があるから。
あれ?賽の河原に閻魔大王像とワンセットで置かれていることが多い奪衣婆【だつえば】像があるそうだけど、どこにあるか気づかなかった。(終盤で触れる書籍に掲載があった)

本堂裏にあった護衛不動尊、あぐらをかく坐像に見えるが、左膝を上げウインクしている像容は珍しい…。
06目黒不動尊(連結その5)
解説板が漢文で、一部読みにくくてゴメン…

境内の奥にある八丈堂?は入れないので、コンデジでズーム撮影したら、不動明王立像騎馬観音像などが確認できました。(写真左上)
写真中央左のお堂のうち、どれかがブラタモリ目黒編で特別に撮影してもらった秘仏の不動明王堂
07目黒不動尊(連結その6)
1月の撮影ですが、十月桜も咲いていました。

この後、同じ道を戻って目黒駅へ戻ると思ったら、家族が歩き疲れたため、五反田行きのバス停を見つけて乗車、五反田駅で待ち合わせして秋葉原駅へ戻りました。

butsuzo_line

この日通過したもの…豊島区か目黒区の基準点の蓋小さな桜マークのハニカム模様の蓋

東京都23区やさいたま市周辺の石仏ネタの参考にしていた「例のブログ」のリンクを張ろうと思ったら、「(yahooブログの)移行ツール」と表示されて新ブログにジャンプするものの、該当する内容の記事が見当たらない…汗
こんな事なら、「移行ツール」の仕様が変わる前にPCへHTML文書として保存するんだった…。


※子育地蔵尊は2014年7月に荒川区を散策したときに(外観のみ)撮影しているので、路線図上に載せています。
参照記事の後半部分)
kanda_myojin201501_12

近日アップ予定▼
安養院蛸薬師(成就院)青面金剛
(前者は品川区、後者は目黒区)

前者の参道には、宮崎県えびの市などの田んぼのあぜ道にある石造物「田の神さぁ(神様)」が置かれていると、近日アップ予定の記事で紹介予定の石仏の旅行本に書かれていました。
一定期間保留して再訪問の可能性が低かったら、色鉛筆画として再現するかも?

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

プロフィール

ことねっち☆askg

Author:ことねっち☆askg
神社仏閣・石造物・マンホール蓋・花写真・ドット絵など…
2019年8月17日にyahooから手動での移行が完了。(記事数538)
8月27日に同時投稿終了時の記事数:547

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カウントダウン&アップ
Twitter@kotone326

最新記事(写真付き)
2013年6月撮影、古河市他のマンホール蓋類 2020/09/25
【旅するドット絵】名古屋市・長久寺の青面金剛へ会いに行く 2020/09/18
ドット絵で旅行気分(20200912) 2020/09/12
【ゲーム風ドット絵アニメ】密を断ち斬る 2020/09/02
【ドット絵で再現】豊島園跡地に作ってほしい脳トレテーマパークの構想 2020/08/31
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
軽量 ページネーション
今日の日付入りカレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
旅行
357位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
153位
サブジャンルランキングを見る>>
カテゴリ別記事一覧
このテーマで投稿する

plugin by F.B

タグクラウド

メーター付きカテゴリ一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる