FC2ブログ
このブログについて 索引記事のINDEX(カテゴリ別) (市町村別) (時系列) マンホール蓋・県別INDEX (ジャンル別)
マンホ蓋・サブジャンル索引 「石仏や庚申塔など」の索引 「神社仏閣や遺跡など」の索引 通過したかもしれない道路元標

izukyu04
高根町、稲荷大明神の青面金剛650 yahoo版の庚申塔ブログの記事リンクを自分のブログに張っている皆様へ…ブログサービスが2019年12月中旬に終了し記事
が表示されないため、同内容の移行先のブログ「
館林市周辺の庚申塔めぐり」の同タイトル記事URLへ差し替えをお願いします。
(使い勝手の都合によりgooブログにしたため、トラックバックは使えないのであしからず)

2014年3月28日、足利市寺岡町・正慶寺の石仏と桜

(2012年9月訪問時の記事はこちら

この日は、がもうすぐ見頃だったので、正慶寺を参拝。
寺院の入口手前にあったのは、覆い屋付きの三峯神社の祠。(写真左)
trok_seikeiji201403_1
花桃の手前に咲いていた花?は、時季を考えるとブラシの木(フトモモ属フトモモ科という分類に赤面)でないような…。
trok_seikeiji201403_2

鐘撞き堂の前にあったコブシ椿
trok_seikeiji201403_03

butsuzo_line

墓地の前にあった石仏も色々と撮影。
覆い屋付きの岩舟石の石仏があったけど、風化が著しく、尊名がよく分かりません…。
(写真左)
trok_seikeiji201403_4
如意輪観音の左にある観世音の石碑は、盃状穴だらけで風化が著しく、像容がよく分かりません。(写真右)

本堂前のは、2~3分咲きだったのかな?
本堂の前に解説板らしき物があったけど、再訪問の時期は未定…汗
trok_seikeiji201403_5
本堂の脇には、覆い屋付きの如意輪観音像十九夜塔)もありました。
(如意輪観音と十九夜塔については、こちらのブログ記事も参照)
スポンサーサイト



テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

《再訪問》2013年10月2日、足利市高松町・長昌寺

足利市高松町、小字原の青面金剛像を撮影した後、ついでに長昌寺も再訪問。
2013年9月訪問時の記事

まずは、墓地前にあった十九夜堂不動明王堂を再撮影。
堂内は薄暗くて、剣を持っているかよく分かりません…汗
askg-choshoji201310_1

十九夜堂こちらのブログ記事だと紐を外しているが、戻すのが大変なのでやめときました。
明治十九年建造、一面六臂如意輪観音が彫られた十九夜供養塔とのこと。
askg-choshoji201310_2
(ブログの移行先が決まり次第、リンクを差し替え予定)

izukyu04

無縁仏のひな壇にあった如意輪観音聖観音像
askg-choshoji201310_3
ひな壇の一角に、初訪問時は気づかなかった青面金剛像
こちらのブログ記事も参照)

天然記念物の黒松の下に、馬頭観音碑があるような…。
askg-choshoji201310_4
すぐ隣が古墳っぽく見えたけど、気のせいだろうか。

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

2016年2月6日、JR山手線東京駅(丸の内駅舎)

2015年1月の東京下町散策は初詣をかねてだったが、今回(2016年2月)は日暮里周辺の散策だったので、東京駅に寄り道しました。

丸の内の改札口に出る前だったか、天井の干支(十二支)や鷲?鷹?のリレーフを撮影。

山手線東京駅、丸の内駅舎201607(その1)
実は、十二支のうち8つしかありません…いくつ分かったかな?
eto_ema

葉っぱのライン素材

改札を出て、丸の内側の駅舎を眺めてきました。
山手線東京駅、丸の内駅舎201607(その2)
『ブラタモリ』の「東京駅スペシャル」(2015年7月放送)と「関門海峡・門司【もじ】」(2018年7月放送)で煉瓦の覆輪目地が紹介されていたけど、10枚近く撮影したうち2枚?しか煉瓦の模様が確認できず…汗

参照↓
ブラタモリ スペシャル 東京駅 巨大地下空間は歴史の生き証人! タモリのブラブラ足跡マップ ブラタモリ - NHK
#109 関門海峡・門司 ~関門海峡はなぜ“関門”?~ タモリのブラブラ足跡マップ ブラタモリ - NHK
(リンク消失のため、文字列だけ残しておきます)

山手線東京駅、丸の内駅舎201607(その3)

山手線東京駅、丸の内駅舎201607(その4)

駅前ロータリーが工事中だったため、塀が映り込んで、全体撮影ができなかったので、参考としてストビ写真を載せておきます。
東京駅(丸の内駅舎)2017年
建物の構造が複雑なので、コレを色鉛筆画で模写するにはかなりの修行が必要…

もうちょっと時間があれば、オリジナル切手が作れるコーナーがある商業ビルKITTEとか、日本橋西河岸地蔵寺(八重洲口寄り、延命地蔵尊 地図→ https://yahoo.jp/zCqeXUy )を参拝したかったなぁ…。

丸の内といえば、富山県氷見市丸の内注:氷見市役所の所在地は2017年より氷見市鞍掛に移転している)や愛知県名古屋市中区丸の内、(gifアニメ内に載せていないが)高岡市丸の内、山梨県甲府市丸の内(2015年11月に甲府駅前のデパートに寄り道したときに通過したかも?)などがあるのを思い出したり。
丸の内つながり(氷見市など)
(他の丸の内つながりの地名の検索結果、マピオン

その後、西日暮里駅に向かい、谷根千エリアに行きました。

葉っぱのライン素材

地名雑文ブログの「駅から庚申塔」カテゴリのために作った山手線の路線図が、作り置きしたドット絵(アイコン)でぎっちり…山手線を横広の六角形に変形した地下鉄路線図を作ろうかな?
yushima_tenjin201602_19

テーマ:鉄道駅舎 - ジャンル:写真

2016年10月16日、板倉町海老瀬・天神社の青面金剛

板倉町海老瀬中新田の長良神社にある青面金剛へ行こうとして、国道354号線を「小保呂」信号で北へ曲がったのに左折する交差点を間違えたら別の神社を発見。

日没後の訪問だったので、神社の名称確認のために内部を撮影しませんでした。
ebise_tenjin201610_1

階段を上がった境内の左側に並ぶ石祠石仏などの石造物。
ebise_tenjin201610_2

石祠の右にあった石仏
ebise_tenjin201610_3
頭に被っている冠のような物があり引っかかるけど、が確認できるので不動明王です。

古い供養塔の右端に、すごい風化した石仏らしき物が見える。
ebise_tenjin201610_4

ebise_tenjin201610_5

岩舟石の石仏か?
木の根元にありフラッシュをたいてしまったので、どうも分からない。
ebise_tenjin201610_6

境内の右側にあった2つの石造物。
右の石仏に邪鬼ショケラらしき物が確認できるから、こちらの方が青面金剛像である可能性が高いと思います。
ebise_tenjin201610_7
(2017年1月25日現在、「両毛の青面金剛」マップに未掲載でしたが、28日に追記されたようです)
当時のtumblrの投稿

地図はこの辺→ https://goo.gl/maps/XyTP87TwRnk
(行人沼の北東)

2017年1月26日追記)赤城岩魚さんより、現地で確認していただいたので、一部反映しました。
神社名は地元民によれば「天神」と聞いたそうなので、「天神社」とさせておきます。

(ブログの移行先によっては、トラックバックを送ってもらうかもしれないので、こちらの記事のトラバを開けておきます)

テーマ:仏像、石像 - ジャンル:写真

2012年6月~8月撮影、群馬県館林市他のマンホール蓋類

2012年4月~5月に撮影した蓋の写真はこちらの記事を参照)

 2012年6月撮影


 館林市のマンホール蓋類

(日向町・長良神社はこちらの記事を参照)
前年の震災の影響を受けてしまった鳥居の近くに隆起したように見えてしまう館林市章入りの止水栓があります。
01tb_hnt_shisui201206_1
一部の「木戸町の歴史看板」(こちらのマップ記事も参照)には、江戸時代以前の「浅間の大噴火」で地質が変わったと記述はあるけど、都心方面みたく「液状化」はないと思うんですよね…汗

場所は変わって、館林市側の多々良沼公園にて。
釣り堀や竹生島神社?の近くにあった館林市章入り泥吐弁。(写真左上)
2012年2月~3月撮影、群馬県館林市の地味蓋では、同様の4分割の排泥弁と仕切り弁と同じデザインの排泥弁(7月撮影の小項目参照)もあったけど、これが「泥吐室」と言う表記だったら、マンホ蓋クラスタの男女が(デートで)愛を語らう…といういらん妄想をしてしまう。
駐車場やトイレの近くにあった群馬県章入り汚水蓋(テトラ模様)と…
(写真中段右)
02gnm_kensho_osui201206_1
県木などが配置された群馬県のデザイン蓋。(写真左下)
こちらのサイトによれば、邑楽郡千代田町舞木・西邑楽水質浄化センターに同様のデザインのカラー版が展示されているそうですが、なかなか行く機会が…(比較的近い地区なのに)
サッカーをするぐんまちゃん」と「を運転するぐんまちゃん」デザイン蓋の設置地点のほうが遠いって…汗

 2012年7月撮影


 さいたま市のマンホール蓋類

(埼玉県さいたま市のデザイン蓋については、ココこちらの記事も参照)

03sitmc_dsin201207_2
鉄道博物館とニューシャトルの旧大成【おおなり】駅の近くにあったさいたま市章入りデザイン蓋
いまだに、こちらのサイトにあるようなカラー版を撮影できていません。
案外、電車で一人旅をした方が見つかるんじゃないかと思ったけど、交通費が…汗

 足利市のマンホール蓋類

JR両毛線富田駅がリフォームされた頃(もっと昔からかも?)から気になりだした放射状水玉模様の足利市章入り汚水蓋。(写真左上)
04askg-osuim201207_2
こちらもハンドホール蓋ですが、市章の比率を見るとサイズが異なります。(写真左下)

たった10年の経過で、こんなに駅舎が変わってしまうビフォー&アフター。
05tomitasta_b-a
2017年度?にこの駅から1.3km地点に新駅を開業するようですが、今年1月に両毛線を県道67号線から見たら、工事作業員が…やっぱり「藤」の季節がメドかな?
↑2018年4月にあしかがフラワーパーク駅として開業したので、混雑を避けて新駅を再撮影予定

 館林市のマンホール蓋類

梅雨明け前に館林市中心部を散策したときに、市章入り排泥弁を再撮影。
06ttbys_heidei201207_1

館林市足次町、赤城神社の出羽三山碑を参拝したときに撮影。
浅埋」のキャップが入った市章入り制水弁(写真左上)と…
07ttbys_deito201207_1
同デザインで黄色い市章入り泥吐弁。(写真左下)

 2012年8月撮影


 前橋市のマンホール蓋類

前橋市の病院の通院ついでに撮影。
単色版のバラのデザイン蓋は、大室公園にあったかな?
08mebs_dsin_usui201208_1

テーマ:マンホールの蓋 - ジャンル:写真

プロフィール

ことねっち☆askg

Author:ことねっち☆askg
神社仏閣・石造物・マンホール蓋・花写真・ドット絵など…
2019年8月17日にyahooから手動での移行が完了。(記事数538)
8月27日に同時投稿終了時の記事数:547

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カウントダウン&アップ
Twitter@kotone326

最新記事(写真付き)
2013年6月撮影、古河市他のマンホール蓋類 2020/09/25
【旅するドット絵】名古屋市・長久寺の青面金剛へ会いに行く 2020/09/18
ドット絵で旅行気分(20200912) 2020/09/12
【ゲーム風ドット絵アニメ】密を断ち斬る 2020/09/02
【ドット絵で再現】豊島園跡地に作ってほしい脳トレテーマパークの構想 2020/08/31
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
軽量 ページネーション
今日の日付入りカレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
旅行
357位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
153位
サブジャンルランキングを見る>>
カテゴリ別記事一覧
このテーマで投稿する

plugin by F.B

タグクラウド

メーター付きカテゴリ一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる