FC2ブログ
このブログについて 索引記事のINDEX(カテゴリ別) (市町村別) (時系列) マンホール蓋・県別INDEX (ジャンル別)
マンホ蓋・サブジャンル索引 「石仏や庚申塔など」の索引 「神社仏閣や遺跡など」の索引 通過したかもしれない道路元標

izukyu04
高根町、稲荷大明神の青面金剛650 yahoo版の庚申塔ブログの記事リンクを自分のブログに張っている皆様へ…ブログサービスが2019年12月中旬に終了し記事
が表示されないため、同内容の移行先のブログ「
館林市周辺の庚申塔めぐり」の同タイトル記事URLへ差し替えをお願いします。
(使い勝手の都合によりgooブログにしたため、トラックバックは使えないのであしからず)

2014年2月2日、足利市堀込町・宝性寺

この日は、堀込薬師こと宝性寺を訪問。

駐車場近くに濃いピンクの椿が咲いていました。
askg-hoshoji201402_01

看板が見えたところを曲がると、県道36号線と県道128号線(例幣使街道)が交わる堀込町南信号で、目立つ石仏があると思っていたら、うち一基は青面金剛像でした。
askg-hoshoji201402_02
(写真右のみ、ガラケー付属カメラで2012年10月?に撮影)
実際は、看板の左(南側の角)にあるから、見間違いかも。

あれ?2018年に角のコンビニが閉店してた??

光背の銘を見ると、「元和元年」…庚申年である1680年(延宝八年)の翌年ですね。
askg-hoshoji201402_03

askg-hoshoji201402_4

(庚申塔については、こちらのブログ記事も参照)

izukyu04

六角柱に彫られた六地蔵馬頭観音碑(写真左上)…銘は「寛政」と読めそうだけど?
askg-hoshoji201402_5
「堀込薬師」の大きな看板の近くには、民謡・八木節の歌い手・(初代)堀込源太に関する石碑が並んでいます。
(太田市の旧新田町エリアの宿場発祥説もあるようですが、私は足利の東山道宿場・八木宿発祥説を支持したいけど、ダメですか?)

重複して撮影した部分もありますが、地蔵尊宝塔(一部しか写っていませんが…汗)
askg-hoshoji201402_6
(初代)堀込源太さんの墓所は、右端。

本堂は県道38号線寄りにあります。
askg-hoshoji201402_7
左端から、地蔵菩薩立像一面六臂の如意輪観音聖観音菩薩像如意輪観音像

askg-hoshoji201402_8

askg-hoshoji201402_9
平和観音像の脇にあった趣旨の解説板は、PC上で無理矢理レタッチしましたが、やっぱり読みづらいかな。
スポンサーサイト



テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

2014年3月9日、邑楽町石打の慶徳寺

この日は、国道122号線の近くにある慶徳寺を訪問。

まずは参道入口にあった結界石地蔵尊
oura_keitokuji201403_1
庚申塔もありました。(こちらのブログ記事も参照)

参道近くに咲いていた
oura_keitokuji201403_2

また、山門に行ってみると…
oura_keitokuji201403_3
町の文化財に指定されている楼門のようです。

上半分は、閻魔大王などの像があるらしいのだが…
PC上で明るめの色にレタッチしても、元が逆光なので、お顔が分かりません。

庚申の日の夜に徹夜をしないと、三尸(さんし)の虫が天帝に見た・聞いた・言ってしまった悪事を伝えに行き…」というくだりの中に登場する「天帝」が、もしかすると「閻魔大王」かもしれないので、今回の記事は青面金剛像でないけど、足利市久保田町・本源寺に次ぐ至近距離ですね。
(あれ?「天帝」が「帝釈天」説もあるんだけど、どうしようか?)
oura_keitokuji201403_4
山門の左右にあったのは金剛力士像でなく、如意輪観音像地蔵尊でした。

izukyu04

楼門をくぐったあとに見えた、この石碑は?
oura_keitokuji201403_5

小さな地蔵尊があるけど、絵馬があるのを見ると、馬頭観音…違うかも。
oura_keitokuji201403_6

oura_keitokuji201403_7
本堂の近くには、石祠と覆い屋付きの地蔵立像

六地蔵の近くに邑楽七福神めぐり大黒天像もありました。
oura_keitokuji201403_8

保存状態がいいのか、比較的新しいのか、一面六臂如意輪観音像は脇手の持物がくっきり。
こちらのブログ記事も参照)
oura_keitokuji201403_9

あー墓石が写らないように苦心していたら、右上の地蔵尊のお顔が…汗
oura_keitokuji201403_10

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

2012年5月撮影、栃木県壬生町のデザイン蓋など

壬生わんぱく公園のルピナスなど(2012年5月16日)の記事と一部重複するものもありますが、栃木県壬生町で1回目のマンホール蓋類を撮影したときの写真です。

道の駅の駐車場内の道路の中央にあった壬生町のデザイン蓋
(デザイン蓋は、こちらのブログ記事も参照)
01mibu_seisui201205_1
同じく、道の駅みぶ(兼・北関東道のサービスエリア?)の敷地内にあった壬生町章入り仕切弁
三本の爪のような物があるデザインです。
同じ模様で色違いの蓋が川口市にあるようだけど、極端な距離で映り込んでいるので、色鉛筆画に再現しています)

こちらはわんぱく公園内にあったのかな?栃木県章入り雨水蓋
02tcg-kensho201205_2
雑草芝生に埋もれそうな県章入り雨水の蓋

テーマ:マンホールの蓋 - ジャンル:写真

2012年4~5月、足利市にある地味蓋など

2011年11月までに撮影した蓋の写真はこちらの記事12年2~3月に撮影した蓋の写真はこちらの記事を参照)

 2012年4月撮影

寺岡町の両社神社を見に行ったときに発見した青く塗られも字が大きい市章入りの仕切り弁。(写真左上)
01askg-boka201204_1
別の日、県道223号線沿い、佐野市との境付近で発見した足利市章入り防火貯水槽の蓋

 2012年5月撮影

自転車で足利市本城町から織姫神社、足利公園近くまでを散策したときに多種多様な地味蓋を撮影しました。

小学生の頃、市制70周年の記念品を見た覚えがあるので、記憶にある記念マスコット「あゆむくん」のデザイン仕切り弁。(写真左上)
コレを撮影したのは足利市緑町界隈ですが、足利学校近くの道沿いにも、アピタがある朝倉町界隈にも同じ蓋が設置してあるので、半径約1kmのエリアに存在するのかな?
02askg-shikiri_aym201205_1
通6丁目?と緑町の区画境付近にあった二重丸タイプのガス弁の蓋

東武和泉駅近くで撮影した古そうな水道局章入り制水弁(写真左下)と、白い網模様の市章入り汚水桝(写真左上)。
03askg-hand201205_1
同エリアで撮影、直径60cmかもしれない市章入りハンドホール蓋。(写真右下)

足利公園に設置されていた市章入り防火貯水槽の蓋
04askg-boka201205_1

大通りにあった金属枠付きの市章入り合流の蓋(写真左上)と、市章入り側溝の蓋。(写真右上)
05askg-sokko201205_1
側溝の蓋の模様の名前、何というんでしょうね、勝手に付けるとすれば、「竹節模様」か「あみだくじ模様」かな。

テーマ:マンホールの蓋 - ジャンル:写真

プロフィール

ことねっち☆askg

Author:ことねっち☆askg
神社仏閣・石造物・マンホール蓋・花写真・ドット絵など…
2019年8月17日にyahooから手動での移行が完了。(記事数538)
8月27日に同時投稿終了時の記事数:547

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カウントダウン&アップ
Twitter@kotone326

最新記事(写真付き)
2013年6月撮影、古河市他のマンホール蓋類 2020/09/25
【旅するドット絵】名古屋市・長久寺の青面金剛へ会いに行く 2020/09/18
ドット絵で旅行気分(20200912) 2020/09/12
【ゲーム風ドット絵アニメ】密を断ち斬る 2020/09/02
【ドット絵で再現】豊島園跡地に作ってほしい脳トレテーマパークの構想 2020/08/31
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
軽量 ページネーション
今日の日付入りカレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
旅行
298位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
134位
サブジャンルランキングを見る>>
カテゴリ別記事一覧
このテーマで投稿する

plugin by F.B

タグクラウド

メーター付きカテゴリ一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる