FC2ブログ
このブログについて 索引記事のINDEX(カテゴリ別) (市町村別) (時系列) マンホール蓋・県別INDEX (ジャンル別)
マンホ蓋・サブジャンル索引 「石仏や庚申塔など」の索引 「神社仏閣や遺跡など」の索引 通過したかもしれない道路元標

izukyu04
高根町、稲荷大明神の青面金剛650 yahoo版の庚申塔ブログの記事リンクを自分のブログに張っている皆様へ…ブログサービスが2019年12月中旬に終了し記事
が表示されないため、同内容の移行先のブログ「
館林市周辺の庚申塔めぐり」の同タイトル記事URLへ差し替えをお願いします。
(使い勝手の都合によりgooブログにしたため、トラックバックは使えないのであしからず)

2015年12月16日、西小泉駅周辺の紅葉とイルミネーション(群馬県大泉町)

足利市上渋垂町、赤城神社で庚申塔を再撮影したついでに、東武小泉線西小泉駅周辺を散策。

本当は、大泉町西小泉3丁目、正善院にあった青面金剛像庚申塔を撮影しに行きたかったが、邑楽郡にしては珍しく一方通行の道が多い都合により、同行した家族に却下されてしまったので、翌年1月に自転車で訪問してたりして。

西小泉駅近くでは、終わり際だったけど、紅葉がありました。
nskizm_irumi201512_1

(2013年8月訪問時の西小泉駅はこちらの記事を参照)
西小泉駅から東武小泉線の西側では、紅葉がきれいだったけど、日没近くで寒かったのか、結構ブレてる…汗
nskizm_irumi201512_2
前回の駅の記事とは別アングルで駅舎を撮影。(写真左下)
…しかし、2017年12月25日現在(当時)も今年度にリフォームした駅舎を撮りに行けず、町役場より南の青面金剛像(庚申塔)の撮影ついでに寄り道する形にはなりそう。

駅の西側にある公園の広場。
nskizm_irumi201512_3

葉っぱのライン素材

歩いているうちに暗くなってきたので、大通りのイルミネーションも撮影。
nskizm_irumi201512_4
街路樹のイルミネーションは、青・白・緑が多いように見えるが…。

動画は撮らなかったが、点滅していたので好きな色味が現れるのを待ってから撮影したり。
nskizm_irumi201512_5

時間に余裕があれば、ブラジル料理を食べてからイルミ鑑賞もあったけど、ランチタイムから大幅に過ぎてたしね~。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道駅舎 - ジャンル:写真

2014年11月28日、道の駅どまんなかたぬまのイルミネーション(栃木県佐野市)

この日は佐野市(旧田沼町エリア)の道の駅どまんなかたぬまにあったイルミネーションを撮影しました。

道の駅(売店とレストラン)の写真は、2014年9月に撮影。
dmnk_tanuma201411_1
今回は動画を撮らなかったが、長い流れ星のイルミネーションもありました。

天使の形のイルミネーションとサンタクロースが目立ちますね。
dmnk_tanuma201411_2
よく見るとミッキー マウスが…

何度撮り直しても、雪の結晶と花のイルミネーションがブレてしまう…汗
dmnk_tanuma201411_3

大小様々なさのまるのライトが可愛い。
dmnk_tanuma201411_4
ツリー型のイルミネーションもボケ気味…汗

足湯の建物の軒下にも、赤や金色の光が。
足元にあったさのまるは、近年話題のプロジェクションマッピングでなく、映写機と同じように小さなフィルムを投影しただけ…。
dmnk_tanuma201411_5
もちろん、トナカイの形のイルミネーションもありました。

2017年度は「1年1イルミ」のノルマ?が厳しいので、しばらくは数年前のイルミ記事をアップしようかな…?

テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

2012年4月~5月撮影、群馬県館林市の地味蓋

2011年11月までに撮影した蓋の写真こちらの記事を参照)

 2012年4月撮影

知人に手紙を出しに行くついでに桜の花見へ行ったときに撮影。

館林市章入りハニカム模様の雨水蓋
01ttbys_kikko201204_1
コレ↑も桜の時期に撮影か?市章入り汚水桝。(黒いドット模様)

多々良沼近くの苺ハウスの近くにあった「」の字入りの仕切り弁空気弁
02tb_nou_kuuki201204_1

 2012年5月撮影

館林市足次町、県道7号線の「足次町北」信号で設置を確認したカラーデザイン蓋
03tb_dsin_astg201205_1
そして、市章入り消火栓角蓋

足尾鉱毒事件に力を尽くした田中正造翁の墓所がある雲龍寺は、ちょうど館林市の河川飛び地にあたり、証拠として住所看板と今記事の防火(用)貯水槽を撮影しました。
注:リンク先の記事のうち、田中正造記念館は館林市大手町に移転したようです。
04tb_boka_skwd201205_1
下段2つは、縦方向のピクセル数を変更、市章の垂直方向へ合わせて回転などの処理を行いました。

テーマ:マンホールの蓋 - ジャンル:写真

《再訪問》2014年11月22日、足利市猿田町の徳蔵寺

毎年11月下旬・土日に開催の足利市の文化財一斉公開の時期に徳蔵寺を再訪問。
前回訪問時の記事

五百羅漢堂が開帳され、住職さんの案内もありましたが、お堂のみ撮影した写真を無理矢理PC上でレタッチしてみたり。(写真下)
askg-tokuzoji201411_1

izukyu04

県指定文化財千庚申塔は、3m近くある塔身全体も撮影(写真右上)、下台にある2羽の鶏三猿も確認できます。
askg-tokuzoji201411_2
前回訪問時より、ブレが少なめに撮影できましたが…。
あ…側面に2つずつで四夜叉(鬼衆?)が彫ってあるのは気づかなかった…汗
再訪問の時期は未定…汗
こちらのブログ記事も参照、移行先が決まり次第リンクを差し替え予定)

お堂の脇に並ぶ猿庚申塔
左端の猿庚申塔が人間っぽいと思ったら、欠損した猿顔の代替が地蔵様の顔とは。
askg-tokuzoji201411_3

askg-tokuzoji201411_4
左から8基目の猿庚申塔の隣の↑石造物(写真右下)は道祖神
にしては、お行儀が…汗

izukyu04

千庚申塔や三面大黒天愛染明王像(後者二つは撮影せず)の解説書によると、梵字いろはの「」が彫られているかな地蔵尊
askg-tokuzoji201411_5

(庚申塔ブログの記事はこちらから

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

2014年2月26日、千葉県館山市と南房総市へ行く(索引)

索引記事のインデックスへ戻る)
日帰りで千葉県館山市と南房総市(旧富浦町と旧白浜町)を散策したときの索引記事です。

2014年2月26日、道の駅とみうらの花など(南房総市、旧富浦町)
minamibs201402_1

2014年2月26日、南房総市・白浜フラワーパーク(前編) (後編)
minamibs201402_2

2014年2月26日、千葉県館山市大神宮の河津桜など
minamibs201402_3

2014年2月26日、千葉県南房総市白浜町で花摘みなど
minamibs201402_4

manho_line

マンホ蓋類書庫(カテゴリ)

2014年2月撮影、千葉県館山市他のマンホール蓋類
旧富浦町旧白浜町架空蓋のイラストを掲載予定。
和歌山県白浜町は、アドベンチャーワールドにちなんで「パンダ」が登場している蓋で有名だけどね。
(マンホ蓋写真の枚数の都合により、記事タイトルを変更する場合もあります)

諸事情により、手動での移行作業が残り5分の1を切ったので、時間がとれれば、館山市洲崎・帝釈天青面金剛とか、館山市~南房総市富浦・白浜で見かけた覆い屋付きの地蔵尊を色鉛筆画で模写してみようかな?

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

プロフィール

ことねっち☆askg

Author:ことねっち☆askg
神社仏閣・石造物・マンホール蓋・花写真・ドット絵など…
2019年8月17日にyahooから手動での移行が完了。(記事数538)
8月27日に同時投稿終了時の記事数:547

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カウントダウン&アップ
Twitter@kotone326

最新記事(写真付き)
2013年6月撮影、古河市他のマンホール蓋類 2020/09/25
【旅するドット絵】名古屋市・長久寺の青面金剛へ会いに行く 2020/09/18
ドット絵で旅行気分(20200912) 2020/09/12
【ゲーム風ドット絵アニメ】密を断ち斬る 2020/09/02
【ドット絵で再現】豊島園跡地に作ってほしい脳トレテーマパークの構想 2020/08/31
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
軽量 ページネーション
今日の日付入りカレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
旅行
357位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
153位
サブジャンルランキングを見る>>
カテゴリ別記事一覧
このテーマで投稿する

plugin by F.B

タグクラウド

メーター付きカテゴリ一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる