FC2ブログ
このブログについて 索引記事のインデックス(カテゴリ別) (時系列) マンホール蓋・都道府県別インデックス
マンホ蓋・サブジャンル索引 「石仏や庚申塔など」の索引 「神社仏閣や遺跡など」の索引 通過したかもしれない道路元標
izukyu04
yahoo版の庚申塔ブログ
の記事リンクを自分のブログに張っている皆様へ…ブログサービスが2019年12月中旬に終了し記事が表示
されないため、同内容の移行先のブログ「館林市周辺の庚申塔めぐり」の同タイトルの記事リンクへの差し替えをお願いします。
(使い勝手の都合によりgooブログにしたため、トラックバックは使えないのであしからず)
高根町、稲荷大明神の青面金剛650

2013年2月2日、いちごの里(小山市)と巴波【うずま】川(栃木市)

この日は、小山市のいちごの里に行ったけどいちご狩りはやらず、ダジャレ(!)なレストランでいちごを使ったスイーツを同行した家族と食べました。
(2人でシェアする形だったため、いちごスイーツそのものは撮影せず)

NEC_0018改

ブルーベリー狩りもあるそうだけど、我が家にブルーベリーの鉢植えがあるし、シーズンは猛暑なので行ったことがない…汗
NEC_0019改

いちご一会店内にあった胡蝶蘭…その頃我が家にあった胡蝶蘭は翌年に枯らしてしまったような…涙
NEC_0020縦

葉っぱのライン素材

マンホール蓋(参照記事の前半部)を撮影しまくった栃木市・巴波【うずま】川沿いの道。
NEC_0021改
市街地のあちこちに神明宮(近日アップ予定)境内に行われる節分会の看板があったけど、混雑が苦手だったのかその日は寄らず。
(近いうち、2012年11月撮影の箱森町の公園か2015年1月撮影の巴波【うずま】川の記事をアップ予定)


flo_bana
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト



テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2018年3月1日、河津桜の並木(前編)

トップページへ戻る 索引記事へ戻る

伊豆急行線河津駅から西にある本場の河津桜の並木を歩きました。
01河津駅前の排泥弁と断湯弁0
駅から歩いてすぐ目立ったのが、河津町章入り仕切弁(二重丸タイプ)温泉用の「」が入った赤い断湯弁(二重丸タイプ)です。

同行した家族とはぐれて呼ばれたので、駅周辺の歩道にあった「河津桜」「町花・花菖蒲」の絵タイルは撮影できず…汗
近くに河津八幡神社・長安寺・長福寺・称(稱)念寺が気になったけど、寄らず。
(このくだりは、近日ルポ漫画の該当シーンを抜粋して掲載予定)

他の観光客手前に写るのが嫌だったので、自分の目線より高いアングルで河津桜を撮影。
02河津桜の並木(連結その1)
下田市名物?さんま寿司ののぼりが映り込んだけど、伊豆急車内で鯵と金目の寿司を食べたからね~(写真下段)

列車が徐行するほどの風だったせいか、幹から直接咲く桜のピントがなかなか合わない~(写真左上・左下)
03河津桜の並木(連結その2)

お…河津町境界石の下に止水弁の蓋があるとは気づかなかった。
04河津桜の並木(連結その3)

散策ルートの脇?なら他の観光客は写らないようですね…。
05河津桜の並木(連結その4)

葉っぱのライン素材

菜の花と河津桜の2ショット!
06河津桜の並木(連結その5)

風が弱まるのを待ってから、近距離で河津桜を撮影。
07河津桜の並木(連結その6)
私が乗ってきた「キンメ列車」とは別の普通列車がやってきたので、河津桜の2ショット!(写真右下)

1つ上の写真(右上)といい、いろいろとそそっかしいけどかわいい看板
江戸時代かな、を「かわず」と呼んだのは。
08河津桜の並木(連結その7)

わさびも、鯵の干物も、キンメコロッケも気になったかもしれないけど、買わなかった。
そのとなりには、河津桜の苗木が売っていたけど、育てるのが難しいからね~?
09河津桜の並木(連結その8)

10河津桜の並木(連結その9)

葉っぱのライン素材

11河津桜の並木(連結その10)
河津川にかかる浜橋かぁ…『キンシオ』(テレビ神奈川・群馬テレビ・とちぎテレビなどで放送中)の「一文字地名の旅」で、河津町に寄り道してほしかったなぁ。
徳光和夫さんのバス旅(関東地区、テレビ朝日)は、2015年春くらいの本放送だったような?
出川哲朗さんの「充電させてもらえませんか?」(関東地区、テレビ東京)で伊豆半島を充電バイクで東半分を走った回は見なかったような?

小学校に「厄介な看板」があったので、中学校の敷地と思う部分はぼかしておきました。
桜まんじゅうは、この店でなく駅近くの物産館の方で買ったので…
12河津桜の並木(連結その11)

13河津桜の並木(連結その12)
写真右下は、栖足寺の手前にあった「」の排泥弁

河津川沿いの河津桜の並木道の交差点近くにあったのは、青い空気弁温泉用の赤い空気弁
(下段2つは回転などのレタッチを加えています)
02河津町にあった空気弁(水マーク)+温泉用0

しばらく歩くと、多様な蓋が集まった橋の前の交差点に出る。
丸が一重でシンプルなデザインの水マーク入り仕切弁も。
03河津町にあった空気弁(水マーク)橋前の交差点(連結)1

このあと、「河童寺」こと栖足寺へ向かいました。
(近日アップ予定)

葉っぱのライン素材

館林駅から河津駅へ向かう

伊豆急行線河津駅(静岡県河津町)

東海道本線・伊東線・伊豆急行線近くにある庚申塔など

(スペースの都合上、一部スポットは省略しました)
ttbys_kawazu28

manho_bana
にほんブログ村 その他趣味ブログ マンホールの蓋へ

flo_bana
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行

山梨県、富士山麓で行きたい神社仏閣など

索引記事のインデックスへ戻る)

今年(2019年)も実現するか微妙ですが、(9月20日時点)東京都在住の兄弟の家族と山梨県・富士山麓山中湖村富士河口湖町などへの旅行を計画中のようで、ルート上にないと寄れない可能性もあるが、寄り道したい場所をリストアップしておきます。

山梨県都留市周辺2019
(↑こちらの手描き地図のエリア外ですが、某宗教のせいで嫌な気持ちにされてしまった「某村」も3分の1は富士河口湖町に編入)

 富士河口湖町


 旧河口湖町

円通寺(船津)←鐘楼前に庚申塔がある
三魂交通神社(浅川)←水神宮や石仏がある
護国神社(船津)←アジサイの名所らしいけど?
常在寺(小立)←山門前に双体道祖神がある
妙法寺(小立)←地上式消火栓が置かれている

 旧勝山村

冨士御室浅間神社(勝山)←龍の宝珠がある
秋葉神社(勝山)←2基の石像が気になる

ちなみに、富士山五合目にある小室浅間神社の所在地は旧勝山村(富士河口湖町)勝山の飛び地

 富士吉田市

北口本宮冨士浅間神社(上吉田)
西念寺(上吉田)←馬頭観音碑がある
どこでも可→富士吉田うどん
寄れればね→富士急ハイランド(3人兄弟で唯一、諸事情で行かなかったので)

なお、青面金剛像などを含む庚申塔は、富士急行の線路沿いである西桂町や都留市、大月市にあるようです。

 鳴沢村

魔王天神社(鳴沢)←双体道祖神がある
通玄寺(鳴沢)←地上式消火栓がある
八幡神社(大田和)←庚申塔がある

想定されるルートから外れるかもしれないので、鳴沢村を通らない可能性も?

 忍野村

浅間神社(忍草、忍野八海の北)
東円寺(忍草、忍野八海の北)←かわいい笠地蔵(地蔵立像)がある
天狗社(内野)←地上式消火栓がある

 山中湖村

山中浅間神社と諏訪神社(山中)
御旅所前の双体道祖神(山中)
が彫られた馬頭観音碑(山中)
鯉奉納碑(山中)
双体道祖神と愛宕地蔵(山中)
寿徳寺(平野)←ゆるい顔の六地蔵が気になる!

気になる石造物などの位置がズレていたらごめんなさい…汗
想定されるルート外ですが、身延町嶺の庚申堂庚申塔があると知ったけど、どうしようか?


jisha_bana
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

令和元年、足利花火大会(第105回、2019年8月3日)

2019年4月30日をもって、「平成」が終わってしまったので、まさか前回の花火大会が「平成最後の足利花火大会」になってしまうとは思いませんでした。
今年はもちろん「令和最初の足利花火大会」となり、Yブログでは最後の花火ネタになってしまいました…汗

甥っ子とその親(兄弟)の写真をそのままアップするわけにもいかないので、↓ドット絵として再現しました。
mihagi48(足利の花火2019)

佐野のイオンで早めの夕食をとるが、確か「マグロ混ぜご飯」は年度違いで知り合いのブロガーさんが記事にしていたやつかな?
何気に「タピオカミルクティー」も置いてあったけど、家族が買ってきた「200gで100円のタピオカ」で作った「お値打ちタピオカミルクティー」と比べたら、タピオカの弾力が違うので、キャッサバ芋から自分で作る方法は…ないのか?

結局、午後7時過ぎに国道50号線で足利に戻ったけど、国道は空いてたけど、駐車場に近づくたび渋滞して到着したのは8時過ぎ…いつもより西寄りの花火スポットに行ったから仕方ないか。

本当は、兄弟が大学の板書のために使っていたコンデジを借りたかったのに、写真爺が占領したままなので、11年目のコンデジを続投…汗
またまた不調なのか、コンデジを再起動したら、「新規フォルダ作成」になってた…新しいボタン電池に取り替えるか、それとも?
もう1台、東京在住の兄弟からもらったコンデジもあるけど、使い勝手を考えると、被写体で機種を変えるしかないのかな?

足利花火大会2019(連結その1)

もうちょっと早く着いていたら、すごい色変化の花火が見られたのにね~。
足利花火大会2019(連結その2)

足利花火大会2019(連結その3)

タナカ」という看板は、プラスチックとビニールの会社(個人商店)みたいです。
さすがにアラビア語圏の人は通らなかったけど、アルミであれスチールであれ「缶」は「タナカ」…数年前に見た『月曜から夜ふかし』(日本テレビ、関東地区)を思い出してニヤニヤ。
足利花火大会2019(連結その4)

足利花火大会2019(連結その5)

葉っぱのライン素材

足利花火大会2019(連結その6)
↑左上の写真、ブレがひどかったので、他の写真よりピクセル数を小さく編集しています。

足利花火大会2019(連結その7)

どうしても土手が入ってしまうアングルで撮影し、光学ズーム最大を使わなかったので、「タナカ」さんがいい宣伝に…
足利花火大会2019(連結その8)

足利花火大会2019(連結その9)

足利花火大会2019(連結その10)

葉っぱのライン素材

足利花火大会2019(連結その11)

左上の花火↓、何度見てもアシコタウンのマークにしか見えない…
足利花火大会2019(連結その12)

足利花火大会2019(連結その13)

足利花火大会2019(連結その14)

終了間際だったせいか、通行人がどうしても映り込んでしまうし、ブレる可能性が高くなったので、撮影はここで終わり。

本当は2013年10月撮影の東武動物公園や、2015年12月撮影のぐんまフラワーパーク(旧宮城村、前橋市)のイルミや2016年12月撮影の東武日光線新大平下駅前(栃木市)のイルミ、2018年12月再訪問の太田北部運動公園(訪問当時)のイルミ、2019年1月のあしかがフラワーパークのイルミネーションの記事をアップしたかったけど、Yブログの当書庫(日帰り&一泊旅行/イベント)の更新はここで終わりにします。

テーマ:花火 - ジャンル:写真

2018年10月7日、千葉県銚子市・犬吠埼灯台

索引記事へ戻る ( 「日帰り&一泊旅行/イベント」の索引

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市、近日アップ予定)を参拝後、千葉県銚子市にある犬吠埼灯台へ行きました。
…どうやら、銚子市自体は初訪問ではないようで、家族と日帰りで行ったそうだけど、数年前に閉館してしまった水族館に入ったかは知らない…ホントに、調子が悪い記憶力??

銚子大橋を渡りきったのが午後4時過ぎだったので、銚子駅構内の観光案内所でマンホールカードをもらえるタイミングがなかったし、カラー蓋の設置場所も、青面金剛像がある東岸寺の入口も、稲生神社前にある庚申塔(手前のY字路の石造物も気になるけど?)も気づかなかった…。

あ、到着が4時半過ぎちゃったから、灯台の展望室に登れないし、資料館が見られないので、灯台の周りの風景を撮影。
海なし県在住の悲しいサガ…?
01犬吠埼灯台(連結その1)

02犬吠埼灯台(連結その2)
犬吠埼遊歩道の案内板を見ていると、「犬吠埼・ロカ岬 友好記念碑」と書いてあったけど、石碑類は撮影するの忘れた…汗
正岡子規がペンネームの名付け親であると有名な高浜虚子の句碑もあるとはね~。

撮影時にタモリさんが食いつきそうだと感じた銚子ジオパークの案内板、他の観光客がいたので、変なアングルで撮ってしまいました…。
03銚子ジオパーク(連結)
無理矢理引き延ばしたら、下半分がゆがんでしまった…汗

解説版の左端を抜粋。
ジオパーク個別にゆるキャラがいるみたいだけど、時間に余裕があれば、その部分を個別に撮影していたのにね。
これじゃ、キャラクター名が読めません。
04銚子ジオパーク(拡大2)

葉っぱのライン素材

05犬吠埼灯台(連結その3)

どうやら、タモリさんが食いついたのは、こちらの解説版↓のようです。
06犬吠埼灯台(その8)
(2019年6月8日放送分のNHK総合『ブラタモリ・銚子編』)
…確かに、番組中で「の化石、触っちゃった~」とニヤニヤしていましたね。

この景色のどこかに2018年11月に放送された『リーガルV』(テレビ朝日・関東地区)で登場したホテル(外見だけ借りているとしか思えないが…)があるはずだけど…。
07犬吠埼灯台(連結その4)

沖の方にが見えるので、光学ズームで撮影。
南に見えた白い円柱状の物は、外川の灯台かな?(写真右上)
08犬吠埼灯台(連結その5)

灯台の土産店前にあったのは、塩分でさびまくっている銚子市章入り消火栓仕切り弁だけでした。
(他のマンホ蓋クラスタの方なら、別の蓋を撮影しているかもしれませんが…)
09犬吠埼灯台(連結その6)

葉っぱのライン素材

犬吠埼灯台の前には、白い丸ポストがありました。
まさか、2019年5月下旬に放送された『なりゆき街道旅・銚子編』(フジテレビ、関東地区)で、灯台とポストが重なっているトリック写真を撮るシーンがあるとは思わなかった…汗
10犬吠埼灯台(連結その7)

資料室に入れなかったから、赤白灯台(漁港などに必ず2つ一組ある)のキャラクターがかわいい案内図をトリミング。
字が読みづらかったら、ごめんなさい。
11犬吠埼灯台(その19)拡大

12犬吠埼灯台(連結その8)
犬吠埼の崖地植物群落」も変なアングルで撮影してしまったので、強引に回転などのレタッチをしたら、やっぱりゆがんでますね~。

写真上の左上にある巨岩がまるで橋脚のように見える。
13犬吠埼灯台(連結その9)

遊歩道を途中で引き返した手前に台風で通行止めになっているルートの告知があったけど、よく見ると海岸の遊歩道の残骸が…
14犬吠埼灯台(連結その10)
こちらの土産店で、帰宅後に食べる分のぬれ煎餅を家族が買ったけど、先立つものに余裕があったら、鰯カレーの缶詰を買いたかったな…(銚子市のデザイン蓋がイワシだったので)
そういえば、愛犬家の遭遇率が高いせいか、何かざわついていなかったっけ?

この後、銚子電鉄犬吠駅に向かいました。

葉っぱのライン素材

ジオパークのゆるキャラと、2018年7月放送の『車あるんですけど…?』「夏の灯台めぐり編」の犬吠埼灯台の部分についてを追記予定。

2018年10月7日、銚子電鉄犬吠駅(その8)
(祭神が猿田彦大神猿田神社は別として、飯沼観音に庚申塔はないようだが、便宜上載せています、帰りのルートで飛び地がある銚子市猿田町は通っていませんが、おまけとして南坊院を載せています)
2019年5月?の仕様変更で、googleマップの「区画塗りつぶし」機能で飛び地が表示されなかったらごめんなさい…

テーマ:灯台 - ジャンル:旅行

プロフィール

ことねっち☆askg

Author:ことねっち☆askg
神社仏閣・石造物・マンホール蓋・花写真など…
2019年8月17日にyahooから手動での移行が完了。(記事数538)
8月27日に同時投稿終了時の記事数:547

月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カウントダウン&アップ
Twitter@kotone326

最新記事(写真付き)
神奈川県と静岡県の鉄道や道の駅など 2020/04/01
茨城県と千葉県の鉄道や道の駅など 2020/03/31
埼玉県と東京都の鉄道や道の駅など 2020/03/30
群馬県の鉄道や道の駅など 2020/03/29
栃木県の鉄道や道の駅など 2020/03/28
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
軽量 ページネーション
今日の日付入りカレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
旅行
431位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
183位
サブジャンルランキングを見る>>
カテゴリ別記事一覧
このテーマで投稿する

plugin by F.B

タグクラウド

メーター付きカテゴリ一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる