FC2ブログ
このブログについて 索引記事のINDEX(カテゴリ別) (市町村別) (時系列) マンホール蓋・県別INDEX (ジャンル別)
マンホ蓋・サブジャンル索引 「石仏や庚申塔など」の索引 「神社仏閣や遺跡など」の索引 通過したかもしれない道路元標

izukyu04
高根町、稲荷大明神の青面金剛650 yahoo版の庚申塔ブログの記事リンクを自分のブログに張っている皆様へ…ブログサービスが2019年12月中旬に終了し記事
が表示されないため、同内容の移行先のブログ「
館林市周辺の庚申塔めぐり」の同タイトル記事URLへ差し替えをお願いします。
(使い勝手の都合によりgooブログにしたため、トラックバックは使えないのであしからず)

2015年4月25日、西新井大師の牡丹と藤【後編】(足立区・総持寺)

索引記事に戻る

前回の記事の続きです。

西新井大師、境内南西の牡丹園かな?
n_arai_botan201504_k01
三匝堂【さんさどう】(=さざえ堂、内部非公開)の近くにある文字の庚申塔
狭い場所だったためか、裏に回って建立年を確認せず。
(庚申塔は、こちらのブログ記事も参照)

台座(下台)に「湯殿山」と右から左の表記で書かれていた上の仏像も気になる。
n_arai_botan201504_k02
本堂前にある縁日屋台の中に、「山形名物 玉こんにゃく」の店が映り込んでいたけど、たまに屋台の味噌田楽(こんにゃく)を家族と買い食いしているので、同行している家族を待つついでに買ってもよかったかな…大して高いものでなかったし。

人があまり映り込まないように藤棚の方へ。
n_arai_botan201504_k03
やっぱり、があったら緋鯉が来るまで、「来い!」と待つよね。

古そうな梵鐘、周りには重そうな力石
n_arai_botan201504_k04
三匝堂【さんさどう】の近くには、延命地蔵尊
(地蔵立像については、こちらのブログ記事も参照)

あれ?西新井の地名の由来になった加持水(井戸)が境内のどこかにあるはずだけど、素通りして撮影しなかったっけ?
n_arai_botan201504_k05

寺院のライン素材

弘法大師座像などが並ぶ四国八十八カ所砂場と、十一面観音菩薩像に…
n_arai_botan201504_k06
行脚姿の弘法大師像
香炉の奥にある緑の覆い屋近くにある石造物は後で分かるのかな?
(十一面観音菩薩像についてはこちらのブログ記事も参照)
よく見ると、佐伯直由公玉依御前の坐像も。

柵に囲まれた雑木林の中に、様々な講の石碑
n_arai_botan201504_k07
弁天池の前に弘法大師座像があったけど、右手に持つ三鈷杵【さんこしょ】が少し前に撮影したマンホール蓋類草加市章と似てるような気がする…。

弁天池に架かる橋の先、半島上の場所にある弁天堂benzaiten16
n_arai_botan201504_k08
女性の諸願に御利益がある如意輪堂、うっかり解説版にフラッシュをたいてしまい、文章の一部が読めません。
(如意輪観音像についてはこちらのブログ記事も参照)
権現堂の前にある小さな石仏も気になる。

奥の院の近くにあった赤いよだれかけの石造物のうち、右は地蔵立像でないような?
n_arai_botan201504_k09
奥の院前にも、如意輪観音像

 出世稲荷神社


境内の北東に大小様々な狛狐がずらりと並んだ出世稲荷神社がありました。
鳥居torii16が神社名の額がかかった1つだけというのは珍しいですね。
n_arai_botan201504_k10

n_arai_botan201504_k11
解説版(由緒書き)を変なアングルで撮影してしまったので、PC上で変形などのレタッチをしました。

jinja_line

境内の八重桜
n_arai_botan201504_k12

しばらく、光明殿石仏を撮影して…
n_arai_botan201504_k13

再び、境内の牡丹園へ戻ってきました。
n_arai_botan201504_k14
面白い品種名だね、バラにつけそうなハイヌーン、東京都世田谷区鎌田や大田区蒲田との関わりがあるか知らない鎌田藤
この年は開花日(または開花時期)と庚申の日が重ならないけど、年によっては重なるみたいですね、庚申年(大正9年、1920年)に蒲田に撮影スタジオ(後に大船へ移転)が開設されたことで有名な(というより映画の舞台モデルになっている)『蒲田行進曲』を口ずさんだり。
水かけ地蔵尊に人がいたから、解説版の確認は後で…

藤棚の藤をどアップで。
n_arai_botan201504_k15
稚児大師像と解説版。
香川県でうどんを広めた弘法大師様は、やっぱり讃岐出身の方でした。
元号の宝亀って…西暦の780年(宝亀11年)が庚申年で、宝亀の乱があった年だったんですね。
その時代だと、坂上田村麻呂しか知らない…汗

寺院のライン素材

十三重宝塔と…
n_arai_botan201504_k16
石垣の前に並ぶ石仏の中に、阿弥陀如来像地蔵座像如意輪観音像など。

n_arai_botan201504_k17
水かけ地蔵尊を再撮影、解説版の文字が小さいため、読めなくてごめん…

池の前にあるツツジ藤棚
n_arai_botan201504_k18
小手毬【こでまり】八重桜の両方にピントを合わせるのは、無理か…

ちょっと強引だが、八重桜小手毬牡丹の3ショット。
n_arai_botan201504_k19
私より上の世代だと、美空ひばりさんの名曲を口ずさみたくなる品種名・太陽

またまた面白い品種名を発見!
花王かぁ…歯磨き粉等のメーカーと無関係だろうけど、群馬県邑楽町のドラッグストアでピュオーラでも買おうか?
n_arai_botan201504_k20
七宝殿かぁ…『あま市』施行が残念な愛知県旧七宝町が発祥地の七宝焼きを連想するね。
連鶴って、桑名市の無形文化財に指定されている鶴の折り方のこと?
マンホール蓋のデザインにされていました)

寺院のライン素材

赤紫系統の品種名。
n_arai_botan201504_k21

n_arai_botan201504_k22
ちょうどよく、八重桜小手毬が絡まるところを発見したけど、難しいね。

寺院のライン素材

参道に出て、お土産に団子を買ってもらったり…
かわいらしい消防士の消火栓角蓋を発見しました。
n_arai_botan201504_k23
だるだるにゃん(だるまと猫がモチーフのご当地キャラ)の敷物の前に桜の雨水蓋があると、いつもは花びらの一部がに見えるのに、ここじゃに見えてしまう気が…。

n_arai_botan201504_k24

手しごとやの休憩所にだるだるにゃんが置いてあったけど、店員さんが片付けのところ、勝手にカメラを向けてしまったので、人が写らないタイミングまで待って撮りました。
n_arai_botan201504_k25

和食レストラン前になぜか布袋尊像があった。
コーヒーブレイクの後、東武スカイツリーラインに乗って、帰宅しました。

寺院のライン素材

この日に通過したもの…東武伊勢崎線竹ノ塚駅周辺には、レア度が高いデザインマンホール蓋参照サイト)や昔懐かしい一灯式点滅信号機(私は栃木県佐野市の県道などで同様のものを見ている)があることに気づかず。

庚申塔&青面金剛は、小林一茶ゆかりの炎天寺(足立区六月)や常楽寺西光院(足立区竹の塚、以上3カ所は竹ノ塚駅最寄り)、西新井浅間神社島根古蹟庚申堂(以上2カ所は西新井駅最寄り)などにあるようです。
(この時期から竹ノ塚駅周辺で高架化工事が進行しています)

東武伊勢崎線新越谷駅&JR武蔵野線南越谷駅(埼玉県越谷市)

松原団地駅(現獨協大学前駅)から草加松原(埼玉県草加市)

西新井大師(総持寺)境内の牡丹と藤(東京都足立区、前編)

足立西新井2丁目・光明殿と石仏

久喜以南の路線図(松原団地、新越谷、大師前)

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

2015年4月25日、足立区・西新井大師(総持寺)の牡丹と藤【前編】

索引記事に戻る

新越谷駅松原団地駅(現獨協大学前駅)に寄り道した後、東武大師線・大師前駅まで乗り継ぎ、西新井大師(総持寺)境内の牡丹(後編に掲載予定)を見に行きました。
n_arai_botan201504_z01

西新井大師境内の南側に牡丹園があり、様々な色の牡丹が所狭しと並んでいました。
n_arai_botan201504_z02

始めは引きの構図だったので、気になる色の牡丹を苗(株)単位で撮影。
n_arai_botan201504_z03

帯状にツツジが咲いているところもあったけど、見慣れた花のせいか(個別に)撮らなかった。
n_arai_botan201504_z04
淡いピンクの品種は、コンデジだと色が難しいね。
ガラケー付属カメラの方が淡い赤がきれいに撮れるようだけど、当時マイクロSDを壊してしまって余計な写真を撮れないからね…。

最初のうちは、黄色系の品種よりも、えんじ(赤紫)・ピンク・白の品種を中心に写してますね~。
n_arai_botan201504_z05

寺院のライン素材

n_arai_botan201504_z06

濃い赤紫・濃淡様々なピンク系の品種を中心に撮ってみる。
n_arai_botan201504_z07

n_arai_botan201504_z08
写真右下の石造物が牡丹園の順路にあったけど、日月が彫られていたり、「庚申」の文字が読めそうだから、庚申塔かな?
(もう一気の庚申塔は後編に掲載、こちらのブログ記事も参照)

n_arai_botan201504_z09
日月文字塔の庚申塔は、赤い品種の牡丹に挟まれた位置に見えます。

n_arai_botan201504_z10

寺院のライン素材

狭いからか、端の通路以外で撮ると、どうしても他の観光客が…汗
n_arai_botan201504_z11

黄色い品種をどアップで…
n_arai_botan201504_z12

白い品種は意外と少ないのかな?
n_arai_botan201504_z13

ローズピンクの牡丹をどアップで。
n_arai_botan201504_z14

やっぱり、好きな色の1つだからか、赤紫の品種ばかり映り込んでる…。
n_arai_botan201504_z15

寺院のライン素材

急に晴れてきて、白い品種が色飛びしちゃってる…。
n_arai_botan201504_z16

n_arai_botan201504_z17
牡丹なのに、品種名は藤娘だって!
淡いピンクに花弁の付け根が濃いピンクの品種は珍しいね。

n_arai_botan201504_z18
あじさいの隣に椿があったけど、どういうわけかピンボケ…。
(PC上でレタッチ済み)

楼門(仁王門)の上に花暦が掲示されていたけど、毎年の気候を見て修正しているのかな?
n_arai_botan201504_z19
門前には、足立区章入り通気孔付きの蓋も。

n_arai_botan201504_z20
濃いピンクに見える八重桜もあり、塩を塗り込んで願掛けする塩地蔵(地蔵立像)も。(こちらのブログ記事も参照)

後編に続く。

久喜以南の路線図(松原団地、新越谷、大師前)

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

《再訪問》2014年11月12日、織姫山公園のもみじ谷(足利市)

前回訪問時の記事
ほぼ3年ぶりに織姫山公園もみじ谷を散策。
なお、栃木県足利市の木は総称した楓【かえで】モミジと違いが分かりますか?

家族の車を駐めてもらい、まず目に入るのが、切れ長の葉のモミジ
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その1

コンデジに持ち替えての撮影でしたが、近距離の樹を入れると、どこかしらピンボケ…。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その2

意図して入れたわけでないが、市章すら入っていない規格蓋(地味蓋)が足元に。
こちらの記事も参照)
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その3

織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その4

マクロ撮影モードでなく、距離指定型のMFモードで撮影が慣れなくて、太い枝の脇に生えた小さな枝葉のピントがうまく合わな~い!
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その5

葉っぱのライン素材

日の当たり方の差なのか、ごくまれに黄色~オレンジ色モミジも。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)その6
所々、モミジの若木も植えてありました。

織姫山のもみじ谷(2014年11月)その7

織姫山のもみじ谷(2014年11月)その8
モミジの足元に大きなサザンカの木もあったけど、薄暗かったせいか、何度撮影してもピンボケ~。

織姫山のもみじ谷(2014年11月)その9

たまにマニュアルモードで撮影してみたけど、使い慣れてないせいか、全体的に黄色っぽい感じに…。
(1つ上の写真右上と近いアングルで撮影)
織姫山のもみじ谷(2014年11月)その10

葉っぱのライン素材

だんだん薄暗くなったせいか、手前のモミジの木が暗く写ってる…。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)その11

織姫山のもみじ谷(2014年11月)その12

昔は噴水が出ていた藤棚があるベンチで少し休憩。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)その13

織姫山のもみじ谷(2014年11月)その14

モミジ以外にも、赤い紅葉がきれいな樹も。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)その15

葉っぱのライン素材

なんか賑やかに歩く人々がいるなぁ…写真撮影のサークル仲間かハイキングの仲間かな?
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その16

もみじ谷の解説板も撮影したけど、全体がブレていて、読みにくくてごめんなさい…汗
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その17
笹の上に落ちた赤いモミジもきれいでした。

織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その18

織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その19
もうすぐ、日没…早いですねぇ。
織姫山からふもとに見えるのは、本城町界隈でしょうか?

樹覚寺周辺のモミジなど


本城町にある樹覚寺の前に六角形とテトラ模様が混ざった市章入り汚水蓋
留め具の形状が変わっています。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その20
樹覚寺は、特にめぼしい石造物が見当たらなかったので、ありがたいけど笑ってしまう格言の掲示板を写し込んでおきました。

寺院のライン素材

しばらく歩くと、赤と緑のコントラストがきれいなモミジの木と、11月だけど「十月桜」がありました。
しかし、日没間近だったから、いくら粘ってもピントが合わない…汗
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その21

おまけ:体育館裏手のツタの紅葉と古そうな木祠(正面から撮れば、氏神様かどうかの確認ができたのに…)、サルビアマリーゴールドなどの鉢植え。
織姫山のもみじ谷(2014年11月)連結その22

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

2014年9月17日、足利市寺岡町~稲岡町の彼岸花

この日は寺岡町~稲岡町の県道沿い(JR両毛線より北)の彼岸花などを散歩しながら撮影。

まずは、県道223号線の白旗橋手前に彼岸花と黄色いエンゼルトランペットが気になったので…
inok_higan201409_1

葉っぱのライン素材

少し進むと、県道沿いに淡いピンクの芙蓉も。
inok_higan201409_2

水田(稲穂)と彼岸花の組み合わせは絵になるけど…
inok_higan201409_3
原っぱの方が撮りやすいと思ったけど、ピント合わせが難しい…

葉っぱのライン素材

稲岡町界隈に移ると、アメジストセージとかがきれいでした。
inok_higan201409_4

inok_higan201409_5
百日草千日紅もあったけど、撮るのが難しいからか、手前ボケばかり…汗

赤紫の千日紅の右隣には、松葉ボタンも。
inok_higan201409_6
白いクロッカスのつぼみは淡いピンクのような藤色に見える?

葉っぱのライン素材

常慶寺(こちらは2016年5月に訪問済み)手前には、大ぶりなと濃いピンクのオシロイバナ彼岸花
inok_higan201409_7

萩のどアップ撮影は難しいね…必ず1ヶ所は手前ボケになるし。
inok_higan201409_8

この後、足利市西場町・竜泉寺で石仏や庚申塔を撮りに行きました。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2013年6月14日、分水堀公園の花菖蒲(群馬県大泉町)

この日は、大泉町にある分水堀公園花菖蒲を見に行きました。

oizumi_bunsui201306_01
所々に品種名のカードが付いていました。

oizumi_bunsui201306_02

oizumi_bunsui201306_03

oizumi_bunsui201306_04

ぱっと見、白や紫が多く見えるけど、黄色い花が珍しいよね。
oizumi_bunsui201306_05

葉っぱのライン素材

ガラケー付属カメラの仕様なのか、紫の品種が赤っぽく映ってしまう…汗
oizumi_bunsui201306_06

oizumi_bunsui201306_07

oizumi_bunsui201306_08

oizumi_bunsui201306_09

oizumi_bunsui201306_10

葉っぱのライン素材

分水堀を高台から撮ってみた。
oizumi_bunsui201306_11
写真左下はガザニア?

背が高いナツツバキの木。
oizumi_bunsui201306_12

4月の終わり頃だったらこの色の花は山吹だけど、樹形が違うのに美女柳って…。
(写真右上)
oizumi_bunsui201306_13

落ちていたのは、椿の種かな…。
oizumi_bunsui201306_14

葉っぱのライン素材

ユリアジサイも咲いていました。
oizumi_bunsui201306_15

oizumi_bunsui201306_16

oizumi_bunsui201306_17
写真左下は白いアナベル

manho_line

おまけ:この日撮影したマンホール蓋類
oizumi_bunsui201306_18
(写真中央の2つは左の蓋をPC上で変形&レタッチしたものです)

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

プロフィール

ことねっち☆askg

Author:ことねっち☆askg
神社仏閣・石造物・マンホール蓋・花写真・ドット絵など…
2019年8月17日にyahooから手動での移行が完了。(記事数538)
8月27日に同時投稿終了時の記事数:547

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カウントダウン&アップ
Twitter@kotone326

最新記事(写真付き)
2013年6月撮影、古河市他のマンホール蓋類 2020/09/25
【旅するドット絵】名古屋市・長久寺の青面金剛へ会いに行く 2020/09/18
ドット絵で旅行気分(20200912) 2020/09/12
【ゲーム風ドット絵アニメ】密を断ち斬る 2020/09/02
【ドット絵で再現】豊島園跡地に作ってほしい脳トレテーマパークの構想 2020/08/31
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
軽量 ページネーション
今日の日付入りカレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
旅行
298位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
134位
サブジャンルランキングを見る>>
カテゴリ別記事一覧
このテーマで投稿する

plugin by F.B

タグクラウド

メーター付きカテゴリ一覧
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる